1,500円以上購入で国内送料無料! Amazon アカウントで簡単決済。

近日発売の本

20世紀末・日本の美術ーそれぞれの作家の視点から
中村ケンゴ20世紀末・日本の美術中村ケンゴ編・著
共著:眞島竜男、永瀬恭一、楠見清、木村絵理子、小金沢智
価格:1800円+税
モノクロ、256ページ
ISBN:978-4-908122-01-9
サイズ:四六判(単行本サイズ、128×188mm)
発売日2014年12月下旬
 20世紀末、つまり1989年から2000年代までの現代美術シーンを、中村ケンゴ、眞島竜男、永瀬恭一といった3人の作家の視点から語った書籍です。3人の作家が活動を始めた90年代のアートシーンを振り返りながら、現在につながる表現の 潮流や、アートマーケット、アーティスト・サバイバルについてなどをテーマに語ります。
また共著者には楠見清(元美術手帖編集長)、木村絵理子(横浜美術館学芸員)、小金沢智(世田谷美術館学芸員)を迎え、多面的に20世紀末のアートに何が起こったのかに迫ります。

【予約購入はこちら】