1,500円以上購入で国内送料無料! Amazon アカウントで簡単決済。

Blog – Mini with left sidebar

  • 【イベント】4月18日(土)17時〜 『20世紀末・日本の美術―それぞれの作家の視点から』刊行記念イベント開催決定!

    By artdiver on 2015-04-08
    0

    4月18日(土)17時から、銀座のメグミオギタギャラリーにて、中村ケンゴ編著『20世紀末・日本の美術―それぞれの作家の視

  • 笹山直規連載「HIT!」目次

    By artdiver on 2015-04-05
    0

    現代美術家である笹山直規さんがnote上にて連載記事「HIT!」をはじめました。「HIT!」というのは、インディペンデン

  • [お詫びと訂正―正誤表]『20世紀末・日本の美術―それぞれの作家の視点から』

    By artdiver on 2015-03-31
    0

      2015年5月18日 updated P103の下段におきまして、宇多田ヒカル氏の名前が間違っておりました

  • nagase1
  • アートダイバー×青山ブックスクール連動企画 中ザワヒデキから学ぶ日本現代美術史のABC

    By artdiver on 2014-10-20
    0

    中ザワヒデキ著『現代美術史日本篇 1945-2014』ですが、11月下旬の発売まで約1か月と迫ってきました。そんな中、青

  • COVER4

    「レントゲン・スクール」 11月開講 第1期生徒・募集開始

    By artdiver on 2014-10-03
    0

    1991年のオープン以来、日本の現代アートシーンを牽引してきた「ラディウム-レントゲンヴェルケ」の代表・池内務による現代アート講座「レントゲン・スクール」が、この秋開講します。全6回、11月〜1月にかけての集中講座で、「現代アートをもっと知りたい」という現代アートファンの方から、「そろそろ現代アートを買ってみたい」というコレクター志望の方、あるいは「将来ギャラリスト、キュレーターになりたい」というプロ志向の方まで、幅広く役に立つ実践的な講座になっております。各回、「作品論」「美術史」「キュレーション」「マーケット」といったテーマを設け、深く現代アートを掘り下げていきます。テーマによってはゲスト講師を呼び、多面的な講義を行います。20数年間、日本の現代アートシーンを走り続けた池内氏だから語ることができる現代美術の姿を知り、受講者ひとりひとりが現代美術とどうかかわっていくべきかを学べるこの貴重な機会をぜひご活用ください。

  • 中ザワアイキャッチ

    インタビュー|中ザワヒデキ「新たな局面を迎えた現代アート」

    By artdiver on 2014-08-10
    1

    このたび改訂版が発行される『現代美術史日本編1945-2014』の著者である中ザワヒデキのインタビュー。出版の動機として「2010年頃から現代美術のフェーズが変わった」ことをあげる中ザワだが、新たなフェーズとはどのようなものなのか。インタビューを行い、その真相を尋ねた。