上路市剛作品集『受肉|INCARNATION』【特装版】

上路市剛作品集『受肉|INCARNATION』【特装版】
上路市剛作品集『受肉|INCARNATION』【特装版】

徹底した再現力で独自のリアリズムの世界を切り開く彫刻家・上路市剛。
その初期作品から最新作までを一堂に収録した初の作品集。
コデックス装に透明のカバーを巻いた豪華な仕様で、
アートブックとしても楽しめる孤高の1冊。

試し読みはこちら

初の作品集刊行を記念して、通常版(4,400円)に加え、上路市剛による“オリジナル義眼”(桐箱有)が函に収められた特装版を部数限定(20部)で販売いたします。先着順で限定部数がなくなり次第販売終了となりますので、ご希望の方はお早めにどうぞ。【通常版のページはこちら

¥ 55,000

予約・取り寄せはこちらから

数量

カテゴリー:,

フィレンツェ・アカデミア美術館のダヴデ像(ミケランジェロ作)や、京都・六波羅蜜寺の空也上人立像(康勝作)など、美術ファンならずとも一度は目にしているであろう著名な作品をモチーフとして、そこに現代人の身体を「受肉」させる手法で知られる彫刻家・上路市剛。
本物と見紛うほどのリアルな彫刻は、塑像制作にはじまり、シリコンによる型取り、点描による彩色、髪や髭の1本ずつの植毛といった、膨大な工程を経て生み出されている。
こうした執拗とすらいえる制作過程を支えるのが、「同性愛的美意識」だと上路は言う。
上路は自身がゲイであることを公言しているが、ここでいう「同性愛的美意識」とは、必ずしもゲイ・アートのような直接的な同性愛表現ではなく、同性愛者ならではの視点がなければ成し得ない造形や描写を生み出す視点のことである。
上路の制作行為は、過去の名作の中に特異点的に現れた「同性愛的な美意識」をシミュレーションすることから始まる。先人の作品をシミュレーションすることで、彼らの衝動を追体験し、また、上路自身の衝動も重ねながら彫刻に向き合う。
美術史の裏側に隠されたこうした「美意識」を、現代を生きる作家のフィルターで強調することによって、美術史に新たなリアリティを与えることが、彫刻を通して挑むテーマとなっている。
人物彫刻をリアリズムの手法でつくることは、大変な肉体的負担を要する。にもかかわらず、そうしたスタイルを選択せずにはいられない美への欲求が人物彫刻にはあると上路は言う。その欲求の強度こそが、「同性愛的な美意識」を「普遍的な美意識」に昇華させ、後世に残る作品を生み出す土壌となるのだろう。

 

 

書名:『受肉|INCARNATION』
著者:上路市剛
寄稿:冨澤治子(熊本市現代美術館)、 菅原康志(自治医科大学形成外科客員教授、造形医学研究所所長)
ページ:92ページ(カラー60ページ)
製本:コデックス装
サイズ:B5変
デザイン:小林すみれ
ISBN:978-4-908122-22-4
2023年6月下旬刊行
※書店での販売に先立ち、本ページでの予約分の発送は、6月19日からを予定しております。

上路市剛(かみじ・いちたか)
1992年大阪生まれ。 2015年京都教育大学教育学部美術領域卒業。

受賞
2015年SICF16準グランプリ

個展
2015年 「re:male」(京都・ギャラリー知)
2018年 「Realism of Sculpture — A Reek of Horniness —」(東京・みんなのギャラリー)
2019年 「Realism of Sculpture — The Place of Holiness —」(東京・A/Dギャラリー)
2019年 「Realism of Sculpture — A Reflection of Self —」(東京・清アートスペース)
2020年 「Realism of Sculpture」(東京・HOLE IN THE WALL)
2021年 「上路市剛作品展」(東京・銀座蔦屋書店)
2022年 「Border」(東京・リファーレ自由が丘)
2022年 「Border2.0」(京都・京都岡崎蔦屋書店)
2023年 「受肉」(東京・Gallery MUMON)

グループ展
2015年 「TENGAI 2.0」(東京・A/D Gallery)
2015年 「巧術其之陸 濫觴」(金沢・ギャラリー点)
2016年 「SICF16受賞者展示」(東京・スパイラル)
2016年 「Japanese Contemporary Art Show」(フィリピン・セントラルスクエア)
2017年 「アーホ展 vol.2」(東京・渋谷西武)
2017年 「華炎 — The Passion — 」(東京・Lower AKIHABARA)
2018年 「大Ah!!rt展」(東京・渋谷西武)
2018年 「~輝く異才~注目のコンテンポラリー作家展」(東京・アールグロリュー)
2019年 「INTERMEDIA ART PROJECT EXHIBITION」(台北・Neptune Gallery)
2020年 「アーティストの本棚」(東京・みんなのギャラリー)
2020年 「ブレイク前夜 in 代官山ヒルサイド 時代を突っ走れ!小山登美夫セレクションのアーティスト38人」 (東京・ヒルサイドフォーラム)
2020年 「UNTITLED」(東京・清アートスペース) 2021年 「アールグロリューPOPUP」(東京・大丸東京店)
2022年 「NUDE 礼賛 — おとこのからだ」(東京・DUB GALLERY AKIHABARA)

メディア(TV)
2018年 フジテレビ「アー!!ット叫ぶアート Ah!!rt」出演 2020年 BSフジ「ブレイク前夜」出演

【関連情報】
上路市剛作品集刊行記念展「受肉/Incarnation」
会期:2023年6月7日〜6月24日
営業日時:火〜土曜日 11:00-19:00 日月休廊
会場:Gallery MUMON
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座4-13-3
TEL:03-6226-2555
https://mumon.artcafe.co.jp/

上路市剛の書籍通販サイト(BASE)はこちら

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。