うごく木 山本尚志2016‒2023作品集

うごく木 山本尚志2016‒2023作品集
うごく木 山本尚志2016‒2023作品集

国内外のアートワールドで再評価の機運が高まる「書」。群雄割拠の現代書家のなかでも、「ART SHODO」を提唱し、「モノにモノの名前を書く」というコンセプチュアルなスタイルで、現代書と現代美術とを横断し強烈な存在感を放つ山本尚志、珠玉の作品集。

試し読みはこちら

 

¥ 3,850

予約・取り寄せはこちらから

数量

カテゴリー:,

井上有一を筆頭に、21世紀の国内外のアートワールドで、書の再評価が急速に進んでいる。その潮流は昭和の書家にとどまらず、いまを生きる現代書家の多様な活動へも熱い視線が注がれている。
なかでも、「ART SHODO」を提唱し、現代美術ギャラリーを含め国内外で展覧会を重ねる山本尚志は、現代書と現代美術とを横断しながら強烈な存在感を放つ書家である。対象物を墨でかたどったアルカイックな線描、そこに対象物の名前が書かれるという「モノにモノの名前を書く」というコンセプチュアルなスタイルが山本の書である。鑑賞者は、ここに書(描)かれたものが絵なのか、書なのか、といった無限にループする問いのなかに突如放り込まれる。
注目すべき点は、山本のルーツに井上有一の存在があることだろう。山本が19歳のときに、京都国立近代美術館で開催された井上有一の大回顧展、そしてそこでの作品との出会いを経て、山本は井上のカタログレゾネの制作にも携わっている。その意味で、書の歴史を深く体得しながら、現代書に挑む山本の書には説得力が生じているのである。
本書は山本の代表作である《うごく木》《マシーン》《フエ》を含む2016年から2023年の作品群を紹介するほか、清水穣による解説「名を与える 山本尚志の書」を収録。
気鋭のデザイナー小池俊起による装丁では、ドイツ装+A4横判という美しいアートブックとしての造本も見どころとなっている。

書名:うごく木 山本尚志 2016‒2023 作品集
著者:山本尚志
寄稿:清水穣
ページ:104ページ、日英バイリンガル
製本:ドイツ装
サイズ:A4変横
デザイン:小池俊起
撮影:柳場大
翻訳:パメラミキアソシエイツ
校正:山本彩加
協力:ユミコチバアソシエイツ
印刷:株式会社サンエムカラー

ISBN:978-4-908122-26-2
2024年2月中旬刊行
※書店での販売に先立ち、本ページでの予約分の発送は、2月13日からを予定しております。

作家略歴 : 山本尚志(やまもと・ひさし)
書家・現代アーティスト。1969年広島市生まれ。井上有一の作品に出会い、20歳の時に書家を名乗る。井上有一カタログレゾネの仕事に従事した後、34歳で作品発表。2015年にウナックサロンにて初個展「マシーン」開催。この展覧会で注目を集め、2016年には大和プレス編集による作品集『フネ』(YKGパブリッシング)を刊行。 以降、国内外での発表を重ね、現代美術と書の世界を横断しながら評価を高めている。

【関連情報】
[個展1]NADiff Window Gallery vol.93 山本尚志「うごく木」
会期:2024年2月10日〜2月25日
営業日時:火〜土曜  12:00-20:00 (2⽉17⽇(⼟)はイベントのため19時閉店)  月休(祝日の場合は翌日火曜休)
会場:NADiff a/p/a/r/t
住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
TEL:03-3446-4977

トークイベント
山本尚志×小松隼也(弁護士/アートコレクター)「言語アートとしての書」
⽇時:2024年2⽉17⽇(土) 19:30-21:00
会場:NADiff a/p/a/r/t
定員:30名
参加費:1,100円
http://www.nadiff.com/?p=31640

[個展2]山本尚志「Naming the World」
会期:2024年2月13日-3月23日
会場:Yumiko Chiba Associates
住所:東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズ ハリウッドビューティープラザ3F
営業日時:12:00-19:00 日月祝休
http://ycassociates.co.jp 

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。