予約|琴仙姫『朝露 ―日本に住む脱北した元「帰国者」と アーティストとの共同プロジェクト』

予約|琴仙姫『朝露 ―日本に住む脱北した元「帰国者」と アーティストとの共同プロジェクト』

¥ 2,640

魂の長い夜を明かし草葉に宿る
真珠より美しい朝露のように
心に悲しみが実るとき
朝の丘に立ち微笑みを学ぶ

『朝露』 歌詞より
訳:李 政美
作詞:金 敏基


「朝露」とは、1980年代に韓国の学生運動で歌われた歌のタイトル。夜を経て純粋で美しいものに生まれ変わることを象徴している。


アーティスト琴仙姫(クム・ソニ)によって企画された「朝露」は、「元「帰国者」」をテーマとしたソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)・プロジェクトである。
1950年代から80年代の「北朝鮮帰国事業」において、延べ9万人を超える在日朝鮮人が、当時「地上の楽園」として報道された幻想を信じ、北朝鮮へと「帰国」した。しかし、彼ら「帰国者」を待っていたのは、深刻な貧困や過酷な生活であった。独裁体制の下で日本からの数多くの「帰国者」が不明確な理由で強制収容所に送られ、命を落とすこともあったという。この出来事は、いまだに解決されていない東アジアの歴史問題として残っている。その北朝鮮から「脱北」した「帰国者」を、このプロジェクトでは元「帰国者」と称する。そして、現在日本には200人あまりの元「帰国者」が住んでいる。彼らは、脱北した事実を隠す必要に迫られている。隠さないと日々の生活に困難をきたすためだ。
このような状況下で、実際に日本で暮らす脱北した元「帰国者」らに、琴をはじめとした3組のアーティストが会いに行く。元「帰国者」との対話をとおしてインスピレーションを培いながら、作品制作と展示へと繋げていく。それらの作品群は、2020年11月に東京北千住のギャラリーで発表され、わずか6日間の会期にもかかわらず大きな反響を得た。
本書では、展覧会で発表された作品とその記録を起点とし、外部の寄稿者による「朝露」プロジェクトへの応答を幾重にも編みながら、ディスカッションの輪を広げていくことを試みる。

 

予約・取り寄せはこちらから

目 次

『朝露』——記憶と記録へと向かう芸術的想像力|毛利嘉孝

朝露プロジェクト——深い空白への挑戦|琴 仙姫

ポストコロニアリズムの時代におけるソーシャリー・エンゲイジド・アート|山本浩貴

《朝露》についてのノート|岡田有美子

図版 | 作品解説

・「朝露」展示風景

・琴 仙姫《朝露 Morning Dew – The stigma of being “brainwashed”》

・竹川宣彰《トットリころころ》

・山本浩貴+高川和也《証言》

・展示資料スペース

さまざまな「夢」が繋ぐ「朝霧」プロジェクト|近藤健一

「朝露」を思う——東アジアをほどく、作る、越える|松村美穂

洗脳と分断を解き、不条理と孤独から出奔する日まで|鄭 暎惠

語れなさについて| 島貫泰介

脆く儚いフレーム/不確かな暮らし——琴仙姫の《朝露》に寄せて|レベッカ・ジェニソン

笹山大志・竹川宣彰オンライン対談(2021年3月17日) 

山本浩貴+高川和也《証言》 ——現れを巡るいくつかの考察|崔 敬華

夢と現実の境界が自明性を失ったとき|高川和也

李静和からの応答

沈みゆく船たち|琴 仙姫

あとがき|琴 仙姫

〈付録〉Fragile Frames/Precarious Lives: Soni Kum’s Morning Dew | Rebecca Jennison

カバーイメージ:琴 仙姫《朝露 Morning Dew – The stigma of being “brainwashed”》より
出演:和座 彩

 


書名:『朝露 ―日本に住む脱北した元「帰国者」と アーティストとの共同プロジェクト』
編著:琴仙姫(クム・ソニ)
共著:竹川宣彰、山本浩貴、高川和也、毛利嘉孝、岡田有美子、近藤健一、松村美穂、鄭 暎惠、島貫泰介、レベッカ・ジェニスン、笹山大志、崔 敬華、李 静和(掲載順)
ページ:256ページ(カラー64ページ)

製本:並製本
サイズ:四六判(188×130mm)
デザイン:山城絵里砂
ISBN:978-4-908122-19-4
2023年3月中旬刊行
※予約分の発送は3月13日となります。


琴仙姫(クム・ソニ)
東京生まれ。アーティスト。2005年カリフォルニア芸術大学 (Cal Arts)修士課程修了。2011年東京藝術大学先端芸術表現領域博士課程修了。2016年ポーラ美術振興財団在外研修員としてロンドンにて研修。apexart(ニューヨーク、2012)、Pump House Gallery(ロンドン、2012)、釜山ビエンナーレ(釜山、2014)、MEINBLAU project space(ベルリン、2017)などで展示。2019年度川村文化芸術振興財団「ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成」を受け「朝露」プロジェクトを推進。2023年アメリカ・コーネル大学THE HERBERT F. JOHNSON MUSEUM OF ARTにて「朝露」プロジェクトの特別展開催予定。

Main

 

レビュー

レビューはまだありません。

“予約|琴仙姫『朝露 ―日本に住む脱北した元「帰国者」と アーティストとの共同プロジェクト』” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Need Help? Contact Us Leave Feedback

Categories: , ,